4Kおよび8Kのビデオ撮影中にカメラが過熱する問題?心配ありません、これをチェックしてください!

0件のコメント

カメラヒートシンクとは何ですか?

カメラヒートシンクは、カメラと共に使用するために特別に設計された装置で、カメラの温度を調整し、過熱を防ぐためのものです。一部のカメラは、長時間にわたって4K-8K FPSでビデオを記録する際に過熱してシャットダウンする可能性があり、これはビデオグラファーの作業に大きな影響を与えます。

カメラヒートシンクの必要性はなぜですか?

カメラヒートシンクは、カメラの温度を調整し、過熱を防ぐために必要です。過熱すると、センサーノイズが増加したり、バッテリー寿命が短くなったり、さらにはカメラの電子部品に損傷を与える可能性もあります。カメラヒートシンクを使用することで、特に長時間の撮影や高温環境下での撮影時にカメラの稼働時間を延ばすことができます。ヒートシンクによる効果的な冷却は、カメラの最適なパフォーマンスと画質を維持するのに役立ちます。


ユーザーのフィードバックに基づいて、Canon EOS R5、Sony ZV-E1、A6700などは、4K-8K FPSのビデオを記録する際に過熱問題に直面しています。多くのユーザーの懸念に対処するために、私たちはカメラヒートシンクを開発しました。

Ulanziカメラヒートシンクとは何ですか?

効率的で安定した全範囲冷却:広範な範囲にわたる最適化された冷却経路による高い冷却効率。

購入はこちら>> Ulanziカメラヒートシンク - ソニー / キヤノン / 富士フイルム用 C072GBB1

高い互換性、1つのカメラモデルに限定されない:ソニー、キヤノン、富士フイルムなどと互換性があります。1つのファンで複数のデバイスに使用できるため、複数のファンを購入するコストを削減できます。対応するカメラモデルには、ソニーのZV-E1 / ZV-E10L / a7 IV / a7S III / A7C / FX30 / A6700、キヤノンのR8 / R7 / R6 Mark II / R5 / 90D、富士フイルムのXS10 / XT4 / X-H2S / X-S20などが含まれます。

3つの動作モード:低ノイズで高速のファン。環境に応じて異なるギアを選択できます:録画中の無音動作やファンノイズがビデオに記録されるのを防ぐための静音冷却;カメラをできるだけ早く冷却するためのラッシュモード。

吸盤マウント、便利な取り付け:カメラにフィルムを貼り付け、位置を合わせ、押すだけで、簡単に安定した吸着ができ、変形したり簡単に取り外されることはありません。

現在、写真家やビデオグラファーが直面している不便を解消するために、1999円の事前販売価格割引をお楽しみいただけますので、今すぐ注文してください! >> カメラファン ソニー/キヤノン/富士 C072GBB1


Ulanzi TRAKER テックポーチ・プロ でキャリーゲームをアップグレードしましょう!

ソニーA6700とソニーA6400の違いは何ですか?どちらが良いですか?

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。